【122】適応障害なのに実家に帰らない理由を話すつもりが…。/適応障害の日常

こんにちは!

towaです☺☺

今日も遊びに来てくれてありがとう♡

カフェに行って勉強してきます!

私のTwitterのお友達のほとんどが
精神疾患のある方なのですが、

病気になったことをきっかけに
実家に帰って生活する方が多いですよね。

生活が保障されるので安心感がありますし、
金銭面での心配も必要ありません。

できることなら帰った方が良いと思います◎。

でも、私は親元を離れ続けています。

というのも、実家で過ごすことが
自分にとって苦痛だからです。

なんて親不孝な娘なんでしょうか…。

自分でも、育ててくれた親に対して
最低だな、と思っています。笑

でも、両親が不仲な家庭で各々から
各々への愚痴を聞きながら育ってきた私は、

いつしか空気を読みすぎたり
気を遣いすぎたりするような人間に育ち、

それに疲れて人との関わりが苦痛に感じる
ようになってしまいまいました、、

また、両親は過干渉で古い考え方なので、
私が適応障害だということを知ったら
きっとものすごく怒るんだろうなぁ…。

新卒で入社した会社を辞め転職したときも、
電話でかなりきつい言葉を掛けられました。

仕事が辛く心身共に疲れ切っているのに、
親からの電話でさらに疲れる、、

「なぜ私の気持ちをわかってくれないんだろう」

きっと、両親の頭の中では
“転職=悪”なんだと思います。

正社員で定年まで勤めることが普通で、
私にはそんな人生を歩んでほしいから。

でも、両親の普通が私にとっては
普通ではない事実が今あって、

適応障害と一緒に暮らしていく中で
正社員ではなくパートで働きたい
という想いが溢れてきました。

“正社員”という責任の重さは
私にとっては耐えられないものでした。

みんなすごいなぁ。

たぶん、過干渉の親のもとで育つと
少しの失敗でも怒られたりするので、

失敗に対してすごく敏感になるんです。

絶対に失敗してはいけない、
絶対に間違えてはいけない、
信じてくれた人を裏切ってはいけない。

そう思いながら生きてきたので、

異様に責任感が強くなってしまって
その気持ちが自分を辛くさせてしまう。

なんだか、そんな気がします。

あれ?

実家に帰らない理由を話すつもりだったのに
自己分析をしている感じになてしまった笑。

でも、そんな実家には戻りたくない!
ということで私は今も帰っていません。

年末は帰らなければいけないので
かなり気分ブルーなのですが、、

結局、1人が楽なんですよね笑。

お姉ちゃんは私が適応障害なのを
知っていて「実家に帰ってきたら?」と
声をかけてくれるのですが、

逆に疲れてしまうので1人が良いです☺☺

なので、素直に親に病気を話せる人や
それを受け入れてくれる両親を持つ人が
すごく羨ましいです、、

いいなぁ~♡

親に頼れる人は絶対に
頼った方が良いと思います◎。

その方が焦らず療養できますし☺☺

今日は、ずっと気になっていたアイスを買ってきました♡

Rummyのアイスは少し前に
とても話題になっていましたよね!

食べてみると、お酒の味がすっごい!笑

お酒好きにはたまらないと思います♡

でも私レーズンあんまり得意じゃ
なかったの忘れてた…笑。

とにかく濃厚で満足感のあるアイスなので、
気になる方はぜひ食べてみてくださいね~!

さてっ、そろそろ夜ごはんの準備。

ピーマンの肉詰めは前日の残り。

今日も楽ちんごはんでした☺☺

ごちそうさまでしたっ!

お休み中あるあるなのですが、
最近また生活リズムがやばくて、、

今日から少しずつ
治していけるように頑張ります!

では、明日も楽しい1日になりますように。

みなさんおやすみなさい~♪

コメント

  1. Parfumania より:

    Great content! Keep up the good work!

  2. I am regular reader, how are you everybody? This piece
    of writing posted at this web page is in fact nice.

  3. I have been surfing on-line more than 3 hours these days, yet I
    by no means discovered any attention-grabbing article like yours.
    It’s pretty worth enough for me. In my view, if all site owners and bloggers made good content material as you probably did,
    the web might be a lot more helpful than ever before.

タイトルとURLをコピーしました