退職代行サービス使ってみた。

#work

こんにちは。towaです。

突然ですが、「退職代行サービス」というものを知っていますか?そのままの意味なのですが、”退職希望者の代わりに退職の意思を伝えてくれるサービス”のこと。依頼した自分は、会社へ連絡してもらう対価としてお金を支払います。

「退職したいことを言いだしにくい」
「なかなか辞めさせてもらえない」
「今すぐに辞めたい」
「もう会社に行きたくない」

そんな方におすすめのサービスです。”辞める”という意思を伝えることはとっても難しいもの。退職代行サービスが世へ出てきたときは「詐欺じゃないか」「怪しすぎる」と言われることもありましたが、今では退職希望者にとって大切なサービスになりました。

そのサービス、使ってみた。

私は、前職を新卒入社して3ヵ月で辞めています。毎日辞めたい、辞めたい、と思いながら仕事していましたが、ある日プツン、と糸が切れたように限界がきて退職。そう、退職代行サービスを使って。

使ってみた感想。

私が使った退職代行サービスは24時間対応。これがとっても嬉しい。朝早い時間に仕事へ向かいサビ残&深夜帰りの毎日だった私にも利用できました。連絡は、基本的にはLINEでした。電話だと折り返し折り返しの連続でなかなか会話できないこともありますが、LINEならいつでも気軽に連絡可能。さらに、深夜でも即返信。聞きたいことがあったときにすぐに連絡が取れるのがよかったです。基本的に、退職代行の方が実際に会社に連絡を取るのは入金後。それまでに聞きたいことや不安なことなどを全て聞いておきましょう。相談費用は無料です。

「会社の社員証や制服はどうしたらいいのか」
「退職後、どんな手続きをしたらいいのか」
「年金や保険料、住民税などはどうなるの」
「離職票はどうやってもらえるの」

など、退職には多くの不安がつきまといます。難しいことはプロへ聞くのが吉。

私は、初めて退職代行サービス連絡してから2日後に辞めました。最短、お金の振り込みや必要事項のヒアリングが完了し次第30分ほどで退職できるらしいです。早すぎる・・・。ちなみに、私が利用した代行サービスは退職成功率がほぼ100%。万が一失敗した場合は、全額返金保証。有給消化もできます。ここまで徹底されているのに値段は他と比べて安めでした。

連絡から退職までの流れはこのような感じです。

①電話やラインで無料相談
②退職の意思が決まれば申し込む
③ヒアリングシートへの回答
④代行サービスの方が会社へ連絡
⑤返却物を送る
⑥離職票などが届く

退職代行サービスについて、少しでも理解が深まりましたか?覚えておいてほしい、とは言いませんが、頭の片隅に「いざとなったときの逃げ道として”退職代行サービス”というものがある」というのは知っておくといいかもしれません。

「”退職したい”と伝えるだけなのに数万円かけるなんてもったいない」

そんな声も中にはある。でも、退職代行サービスを使った私的には、とってもいいサービスだと思いました。”退職したい”と伝える勇気もなくて、今すぐやめたくて、でも会社をばっくれるなんて怖くてできず・・・。そんな葛藤をたった数万円で解消できるのなら安い。これは、限界を迎えた人にしかわからないことかもしれません。

退職代行を使うなんて酷い!会社は迷惑してるのに!なんていう人もいるかもしれないけれど、正直、数万円払ってでも辞めたいと思うということは、かなり追い込まれている証拠。周りに迷惑かけることなんて全く気にする必要はないから、まずは自分のことだけ考えよう。

さらば会社。


私ともっと仲良くなってくださる方は、Twitterからお友達になりましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました