【人生消去法】嫌なことをやらないで生きていく。

#life

好きなことで生きていく。

YouTubeでとても流行った言葉です。メイクや食事、ゲームなど、クリエイターさんが好きなことを発信してお金をもらって生きていく。それができれば最高に幸せ。でも、好きなことで生きていく、って、ちょっと難しい。

私は、嫌なことややりたくないことはやらないで生きていく、というのが目標です。でも、「嫌なことをやらないで生きていく」という言葉は、なんだか「好きなことで生きていく」よりもわがままで後ろ向きな印象があるよね。

わがまま、だって?
そんなの無理、だって?
みんなは耐えているのにおかしい、って?
変な人、だって?
最近の若者は・・・、だって?

そんなふうに思われてしまうのも仕方がない。嫌なことややりたくないこと、辛いことがあっても、頑張って耐えることが美徳とされているから。

だから、「やりたくないことをやらないで生きていく」よりも「好きなことで生きていく」の方が前向きできらきらしているような気がする。だけど、好きなことで生きていくよりも、嫌なことややりたくないことを排除して生きていく方が生き方の選択肢の幅が広がる。そして、結果的に「好きなことで生きていく」に繋がる。たしかに「やりたくないことを排除する」というのは消極的だけれど、「これは嫌だな」「これはやりなくないな」という自分の正直な気持ちに気づくことで、本当に好きなものは何なのか、本当に大切にしなければいけないものは何なのかがわかります。

例えば、やりたくない仕事さで壁にぶつかると、とっても苦しくて辛い気持ちになる。そこで辞めてしまったら、今までの努力は一体なんだったのだろう。だけど、たとえ壁を乗り越えたところで、その先には何があるのだろう。自分のスキルアップに繋がらず楽しくもない仕事を必死に頑張ったところで、自分に何のメリットがあるのだろう。それをし続けたところで、自分の未来は今のまま。なにも変わらない。

でも、嫌なを捨てられない、あるいは捨てたくない人もいる。それってなんでだろう。たぶん、当たり前の日常がぐらぐらと音をたてて崩れてしまうことが怖いから。

仕事辞めたいって言っても辞めさせてもらえないし。
お金がないと生活できないし。
周りに迷惑をかけてしまうし。

そんな理由をつらつらと並べていく。でも、辞めさせてもらえないなら退職代行サービスを使えば一瞬で辞められるし、数ヶ月生きることもできないくらい貯金が全くない人なんてそうそういない。周りに迷惑をかけてしまうことは避けられないけれど、1人いなくなったところで会社は回ってゆく。自分が入社してから今まで辞めた人は何人いた?人手不足で忙しい日々をみんなで乗り越え、会社は今も回っているはず。

私は「組織の一員として働くこと」。来年度を迎えるまでに辞める計画をこっそり立てて、仕事をしながらなんとか頑張っている。3ヶ月経って収益は1000円以下。笑っちゃうくらい絶望的。まともに結果を出すこともできない社会不適合者が、いったい何を語ってるんだ、って思っちゃうよね。でも、本気なんだー。だって、人が死ぬまでの体感時間ってそんなに長くない。自分が病気にならずに自由にふらふらと生きていける時間なんてもっと少ない。それなら、嫌なことややりたくないことをしている時間なんて1mmもない。自分が最期を迎えるときは、後悔よりも

楽しかったな。
幸せだったな。
生きててよかったな。

そんな気持ちでいたい。

ありがたいことに、私の目標を叶えようと一緒に頑張ってくれる人もいる。もう、やるしかないよね。ずっと笑っていたいし。人生なんてどうせ自己満だから、自分らしくいたいよね。

みんなはどうだろう?苦しくない?


私ともっと仲良くなってくださる方は、Twitterからお友達になりましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました