【転職】社会不適合者が語る短期離職したときの転職体験記。

#work

短期離職者の転職活動。

それはとっても残酷。

私は、会社で働きながら転職活動をしていました。

マイナビ転職
リクナビNEXT
とらばーゆ
Re就活
doda

その他にも、求人サイトはあるだけ使っていました。それでも自分が行きたい会社がいっこうに見つからない。困り果てる私。エージェントを使いたいけれど、寝る時間すらままならないのにカウンセリングに行く時間なんてない。休日は疲れ果てていて爆睡。転職活動どころではない。もうどうしていいのだろうか・・・。当時の自分には、満員電車に揺られながらスマホで転職サイトを眺めることしかできませんでした。

転職活動に苦戦する中、仕事はどんどん降り注ぐ。少しずつ責任のある仕事が増えていき、新しく覚えなけらばいけない仕事も増えてゆく。それなのに、人手不足で教えてくれる先輩もいない。満を持してたった一人の先輩に声をかけると、「今無理!!!!」と怒鳴られる。もう自己流でやるしかない。そして失敗。怒られる。私はいったいどうすれば・・・。そんな毎日が続き、ある日新しい仕事を教えてもらっているとき、私の中で何かがぷつん、と音を立てて切れた。

数日後、私は仕事を辞めました。今まで休んでいなかった分、たくさん遊んでたくさん寝た。彼のいる福岡に行ったりピアノスタジオに行ったりもした。リフレッシュリフレッシュ。

前の仕事ことはこちらで詳しく書かれているよ↓

そんな期間を経て、本格的に転職活動を進めていく。

今まで通り求人サイトを中心に探し、履歴書や職務経歴書の書き方をネットで調べながら書き進め、推敲を重ねる。何とか完成したものをアップロードし、エントリー。そんな苦労の末、結果はいつも不採用。まったくうまくいかない。転職活動って、こんなに難しいんだ。新卒のときと違って書類選考すら通過しない。さらに”短期離職”というハンデで、私は最悪の状況だった。

ひとりで頑張ることに限界を感じ、エージェントを急いで調べることにしました。一社目でブラック企業を経験した私は、”次はとしてもホワイト企業に転職したい”・・・そんな強い思いで駆け込んだのがとあるA社エージェント。今までの経験やこれからやりたいことなどを話したあとに求人を紹介していただきました。それが、なぜか全く話していないSEの仕事。一部ならまだわかる。全部SEの仕事でした。とりあえず紹介された会社を調べてみると、とんでもなくブラックなのだが。なんだかとても嫌な思いをして、全ての求人をお断りしてそのエージェントにはもう行かなかった。

次に向かったのが、とあるB社エージェント。とっても丁寧にカウンセリングしてくださり、履歴書や職務経歴書の添削もしていただいた。私が希望する業種の求人が少ないことなど、基本的な知識も深まった。後日いろんな会社の求人を頂き、気になったところにさっそくエントリー。でも、やっぱりすべて書類審査で不採用。どうしたらいいの・・・。なにより、カウンセリングから約5日以内に20社エントリーするなど、”数打ちゃ当たる”的な考え方が私とは合わなかった。いろんなことを同時にこなすのが苦手な私はB社で転職活動をするのは少し辛く感じ、こちらも使用をやめてしまった。

そして、最後に向かったのはCエージェント。カウンセリングはB社と同じように進みました。驚いたのは、求人をカウンセリングした後にその場で持ってきてくれたこと。エントリーしたければその場でエントリー可能。そして、なにより私が嬉しかったのが、エントリーを急かされないところ。一社一社調べてエントリーしたい。そんな私の考え方ととても合っていました。実際、エントリーしたのは5~6社のみ。さらに第一志望だった企業に内定を頂いた。

そんな神様のようなエージェントが「マイナビジョブ’20」。担当してくださった方はとても親切な方で、第一志望の会社の最終面接前日にわざわざ連絡をくださいました。味方が現れたような気持ちで、とても心強かったです。マイナビジョブ’20での内定先に転職することを決め、現在に至ります。

まず、何より会社にいながら転職活動をして内定をもらうのが一番良い。年金や保険の手続きなどのめんどうな事務作業も省ける。でも、私と同じように追い詰められて辞めてしまった人もきっと多いはず。それはそれで大丈夫。私は仕事のせいで精神病になり闘っている人をたくさん見てきました。そんな思いは絶対にするべきではない。辞めるのも勇気が必要。よく頑張ったね。

もし辞めてしまったのなら、とりあえずこれをしよう。

・保険や年金の手続きは確実に済ませよう。
・仕事を辞めた直後は、体も心もしっかり休ませよう。
・ひとりじゃないよ。エージェントを味方につけて。
・転職活動はできるだけ早めに終わらせよう。

これを心掛けましょう。短期離職者の転職は、正直難しい。でも、誰かの手を借りれば大丈夫。とりあえず、苦しくて辛くておかしくなりそうなくらい追い詰められている人は、今すぐ逃げ出しましょう。未来の自分が心配かもしれないけれど、それよりも今の自分を心配しましょう。大丈夫。なんとかなるよ。自分の身を守ることだけを考えて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました