社会不適合者が美容院に行ったら人生変わった話。

#life

社会不適合者、美容院へゆく。

23年間、ずっと変わらなかった髪。ほどよく長くて、何色にも染まらない黒い髪。なんだか突然飽きてしまって美容院へ行ってきました。特に長さもカラーもこだわりはなかったので、全て美容師さんにお任せした。それを数回くりかえして、今。思っていたよりもずっと短くて、ずっと明るいカラーになった。ショートヘアで、レッドピンクからブラウンへのグラデーション。

変わらない毎日。嫌なことだけが積み重なって、どんよりとした日々。どこか鬱っぽいようないつもの気分が変わり、なんだか少しだけ前向きになれたような、自分がひとまわり大きくなったような感覚になりました。見たことのない自分に慣れなくて、なんだかくすぐったいような。

大学生のころは勉強が大好きだった私。何よりその時間を大切にしたくて、アルバイトを一切やりませんでした。両親からの仕送りはあったけれど、美容院に通うお金なんてさらさらない。そんなわけで、厳しい校則に縛られていた高校を卒業してもなお、黒髪のまま。 せめてメンテナンスだけでも行けばいいものの、半年間、ひどいときは1年間放置することも・・・。でも私は勉強することが楽しかったので、美容院に行けなくてもそれはそれで幸せだと感じていました。

そんな大学生時代を経て、社会人となりお金が入るようになった今。数万円するほど高額な美容院は到底手が届かないけれど、そこそこ安めのところへ2か月に1回くらいならいいかな、と。定期的に通えるようになったおかげで、色んなカラーや長さに挑戦できる。それが楽しくて楽しくて仕方がない。

とりあえず安定のブラウン系。
お洒落に青と緑を混ぜたアッシュ系。
挑戦のピンク系&ブラウン系のグラデーション。
次はついにブリーチをする予定。

すごい。なんにでもなれる。あれもこれも新鮮で、とってもわくわくする。髪をいじるのって、こんなに楽しかったんだ。そんな晴れたような気持ちになって、なんだかポジティブになりました。”怖いものなんて何もない”とはならないけれど、自信がつくというか、「一歩踏み出す勇気」的なものがふつふつと湧いてくる。しまいには、個性的な服や変なかたちの帽子、似合わないと言われたお洒落めがねを買ってみたり。しっくりくるかは別として、ものすごいスピードで新しい自分を発見していく。

そういえば私は社会人1年生。まだまだ新人ということもあって髪は派手にしない方がいいのかもしれない。でも、もう我慢はできない。好きなようにしよう。どう思われようが知らんぷり。はじめから長くいるつもりはないし、嫌われてもなんでもいいや~。

「チャラそう」
「汚らしい」
「頭悪そう」
「性格悪そう」

そう思われがちなヘアカラー。悲しい。

髪型を変えることは、人生までも変えるような気がする。はじめは少し勇気がいるけれど、心の中で吹っ切れた瞬間、今までの自分よりもさらにパワーアップした自分に出会える。自分の好きなように、自分の気持ちに素直に。ありのままでいたいよね。

毎日いろんなスタイルができる服とは違い、私たちはいつも同じ髪ととともに生きている。美容院でいろんなカットやカラーを楽しむ中で、髪型はらしさ」が出る大切なポイントなんだな、と感じました。ロングからショートにイメチェンしたり自分の気になるカラーに染めたりすることで、人生は大きく変わってゆく。なんだか大げさに聞こえるって?でも、本当なんだ。自分の好きな髪型に挑戦することで、自分の気持ちもそちらへ強く引っ張られていく。副業にチャレンジしたり1人旅をしたりと、気になっていたことに挑戦してみようかな、という気分にさせてくれる。

女の子らしくなくても、上品でなくても、少し派手でも、自分の好きなヘアスタイルにしてみましょう。周りからの目は、しらんぷり。自分の「好き」「やりたい」「気になる」を大切に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました