【恋愛】小さなプレゼントと大きなプレゼント。どちらを選ぶ?

#love

こんにちは。千尋です。

社会不適合者でへんてこな思考の持ち主の私は、人間関係を築くことがとっても苦手。恋愛でももちろん悩みます。

“彼の気持ちがよくわからない”
“彼女の気持ちがよくわからない”
“自分の気持ちを上手く伝えられない”

そんな気持ちが頭の中をぐるぐるしていたときに出会ったのが「ジョン・グレイ著:ベストパートナーになるために」。

“男ってなんでこうなの?”
“女ってなんでこうなの?”

そう思うこと、たくさんありますよね。私の場合、「なんで人間ってこうなの?」と思うこともありましたが。男女でわかりあうこと、って、とっても難しいです。

でもそれは仕方がないこと。男性と女性は違ういきものだから。だからこそ、それぞれの違いをしっかりと理解しておくことが大切なのかな、と。

比べるものではないのですが、ちょっとだけ質問。

ブランドバッグ
海外旅行
高価なネックレス

もしくは、

「ありがとう」「好き」という言葉
仕事帰りのコンビニのケーキ
朝のゴミ出し

もらった時の喜びが大きいのはどちらでしょうか。実は、どちらも同じ。

「いやいや、同じじゃないよ。ブランドバッグなんてケーキの何倍お金がかかると思ってるんだ。ブランドバッグの方が嬉しいに決まってるじゃないか。」

男性のそんな声が聞こえてくるような気がします。でも、本当に同じなんです。ここに男女の違いが隠れているのかもしれません。

全ての女性に当てはまるわけではないことを確認のうえ、聞いていただきたい。

全てのプレゼントに点数をつけるとしたら、女性にとっては、小さなプレゼントも大きなプレゼントも同じ一点なのです。つまり、海外旅行も一点、コンビニのケーキも一点。愛情というタンクの中に、ちょっとずつ、ちょっとずつプラスしていくようなイメージです。

“海外旅行をプレゼントしたから30点ゲット!
これでしばらく安泰だ!”

と勘違いしないように。一気にプラスすることはありません。あくまで、一点ずつ、ちょっとずつ。この違いをわかっていると、「彼女にこんなにも尽くしているのに何がそんなに不満なの?」「彼はぜんぜん私のことを愛してくれない!」なんて悩みがひとっとび。彼に愛情が足りないわけではなく、彼女が欲張りなわけでもありません。ただ、勘違いが起こっているだけなのです。

残念ながら、この勘違いでお別れしてしまうカップルも多いもの。”彼が好きって言ってくれないの”とか、”彼女がいつも不機嫌そうな顔をしているの”とか、小さな不満が積み重ねられていくからです。本当にもったいない。

「好き」「いつもありがとう」

そんな言葉はちょっとだけ恥ずかしい。でも、こんなに簡単で、こんなに幸せな気分になるプレゼントはない。高価なものなんて必要なくて、ただ一言で、ほろっと笑顔がこぼれる。社会不適合者の私は人間が苦手だけれど、”好き”とか”ありがとう”なんて言葉は誰にかけられても嬉しいです。お金がなくても、大丈夫。

すれ違いをなくして、いつまでも素敵な2人でいて。


私ともっと仲良くなってくださる方は、Twitterでお友達になりましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました