【恋愛】社会不適合者の恋。遠距離恋愛はできるのか。

#love

半年遠距離、2年半近距離、2年遠距離。

今は遠距離恋愛中。一般的には、遠距離恋愛はどのようなイメージを持たれているのでしょう。調べてみると、

遠距離恋愛のメリット
遠距離恋愛のコツ
会えない時間が愛を育てる
会えない時間に自分磨きを!
趣味に没頭して忘れよう
彼を夢中にさせ続ける彼女でいよう。

そんな言葉で溢れています。どちらかと言うと、ポジティブな印象。

遠距離恋愛を長く続けている社会不適合者の私には、そんな言葉たちはあまり響きません。彼がいない時間の寂しさを埋めるのは彼しかいないから。趣味に没頭しても、自分磨きをしても、頭の中にはいつも彼がいてもやもやした気持ちのまま。仕事やプライベートで辛いことがあっても、そばで支えてもらうこともできない。支えることもできない。私は、寂しさと不安でいっぱいの遠距離恋愛にメリットを感じたことはありません。「会えない時間が愛を育てる」なんて言葉はきれいごとで。会えるなら会えるだけ会った方がいい。会えないほどに寂しさや不安が募ってきて、辛くて苦しい気持ちばかりを育ててゆく。ただ、寂しいのです。

もう少し調べてみると、男性は遠距離恋愛に対してポジィティブになる人が多いらしい。

寂しさをバネに仕事に打ち込む。
1人の時間を大切にしたりする。

だから、彼に「寂しくて辛くて仕方がない気持ちをわかってよ!」と言っても、「俺だって辛いけど仕方がないだろう。」と言われるだけ。自分の気持ちを理解してもらえないのも、また寂しい。男女で共感することが少し難しいのです。もちろん彼が悪いわけではなくて、自分が悪いわけでもない。

会った時は寂しい気持ちなんて嘘だったかのように幸せな気分になります。一緒にいるのが楽しくて楽しくて仕方がない。それなのに、別れた瞬間にまるで嘘だったかのように辛い気持ちが押し寄せてくる。幸せな時間がずっと続いたらいいのに。毎日一緒にいることができたらいいのに。もしそれができたら、どれだけ幸せなことか。

私が思う遠距離恋愛を乗り越えるコツは、たった一つだけ。

期限があれば、”いついつまで頑張ればいいんだ”と思いながら、少しだけ前を向いて頑張れる。でも、期限がないと永遠と続く終わりの見えない遠距離恋愛に心が折れてしまう。「いつまで続くんだろう。」遠距離恋愛をしている私の心を折るのは、そんな気持ちなのです。

遠距離恋愛を乗り越えた方は本当にすごいなと思います。会いたいときに会えず、少しずつ「会いたい」と言うこともできなくなってくる。会えないだけじゃなくて、忙しさでLINEの返信や電話すら来なくなることもある。そんなとき、「付き合っている意味って何だろう。」「お互い好きで付き合っているのに、なんでこんな思いしなければいけないんだろう」と感じてしまいます。

自分の心をコントロールすることができればいいのですが、私はそれがあまりにも下手。不安定な時はとことん不安定になってしまいます。

いつか、一緒にいられる日が来てほしい。今はただ会えるだけで嬉しくて、「会ったら何しようかな」と考えても、いいアイデアが浮かびません。一緒にいられるだけで十分。とっても幸せだから。でも、いつか一緒にいることができるときが来たら、一緒に行きたい場所や食べたいものがたくさん思いつくのかもしれません。雑貨屋さんに置かれているペアのマグカップや箸、お茶碗などを見るだけで、「いつか彼と一緒に」と、妄想が膨らんでゆく。今は耐えるのみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました