【vol.2】社会不適合者のふらっと旅in栃木

#vlog

「いちご狩りしない?」

友達のそんな一言から始まったこの旅。移動もごはんも全て任せられるツアーで栃木に行ってきました。私にとっては初めてのツアーで初めての栃木。わくわくしながらバスに乗り込みました。

バスに揺られること1時間半。佐野アウトレットに到着。少しお買い物をしました。欲しいものがたくさんあったのですが、私は「w closet」のパーカーのみ購入。ビックサイズで、裾の前部分だけ切りっぱなしになっているのがとっても可愛い♡

ビュッフェで食事をして、待ちに待ったいちご狩り。

ちぎるのが少しだけむずかしい。

「スカイベリー」という、甘くて大きないちご。中には鶏卵より大きないちごも発見。とっても甘くて格別な美味しさでした。練乳もいらないくらい。

初めてのいちご狩り。大きくて美味しそうないちごを自分で探して、食べる。とっても楽しかったです。いちご探しに没頭する時間は幸せでした。

お腹がいちごで満たされたら祈る時間。足利織姫神社へ参拝に。229の石段を駆け上がり、やっと頂上へたどり着いたときのこの景色。

こちらの神社では、7つの御縁を結ぶ神様が。

赤色の”人”
朱色の”仕事”
黄色の”健康”
緑色の”知恵”
青色の”人生”
若草色の”学業”
紫色の”経営”

7つの御縁がそれぞれ七色に分けられていて、鳥居も七色。

私は青色の”よき人生と縁結び”を選んだ。

私には叶えたい夢があって理想の人生があります。

いつか叶えられますように。そのための努力を、精一杯やりつくせますように。石段を上るように、一歩ずつ。一歩ずつ。

暗くなってきたころ。最後に向かうのは「あしかがフラワーパーク」。時期的にお花あまり咲いていません。そのかわりに美しく咲くのはイルミネーションの花たち。

ここは「光のふじのはな物語」。

藤の花が綺麗に咲く場所。イルミネーションの時期は、夜になる綺麗にライトアップされます。 煌めく電飾の藤の花はもちろん、水面に映る藤の花もとっても素敵。

そして、こちらは「奇蹟の大藤」。

藤の花が咲き広がる別世界に入ってしまったよう。

手のひらで藤の花を咲かせることもできる。

とっても素敵な「あしかがフラワーパーク」。実は、2019年の大型台風で深刻な被害を受けた場所のひとつでした。それは、イルミネーションが始まる2週間前のこと。

ここは「光のフラワーステージ」。水辺や花壇で光り輝く花たちの調和。とっても綺麗です。

突然やってきた大型の台風。フラワーパーク全域が浸水し、最大180cmの深さがあったそう。さらに停電という追い打ち。電気がなければ綺麗な花は届けられないのに。

「もうだめかもしれない。」

本物のお花「パンジー」と光の花の融合。

それでもスタッフさんは挫けず、1万個にも及ぶ電飾を、花びら一枚一枚を綺麗にしました。そしてついに点灯されるときが。あしかがフラワーパークのイルミネーションはただの光の花ではなく、最後まで諦めなかったスタッフさんの努力の結晶なのかもしれません。

光の川。どこまで続くんだろう。

あしかがパークを背に、今回の旅は終わります。帰りのバスに揺られながら、少しずつ現実に戻ってゆく自分。ずっとこのときが続けばいいのに、なんて、叶わない思いを頭の中でぐるぐるさせながら、今日も帰路につく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました